オリンピックは中止を! (2021年5月12日)

【オリンピックは中止を!】私は都議会で2020年9月に誰よりも早く「早期決断による損切りとコストなど中止のシュミレーションもせめて示すべきだ」と主張してきました。

都からの答弁はご覧のとおり全くかみ合わず「実施する」しかありませんでしたが、いよいよこの状況下において大変残念でアスリートの方には申し訳ないですが、中止もやむなしとの考えです。

理由は3点。
?人命優先
世界中で死人が出ています。たとえば自分の家族がコロナで死にかけている中で五輪を見て「夢だ」「希望だ」と抽象的なことを言われるより、まずは家族を助けてくれとなるのが普通だと思います。逆に500人看護士さんを引っ張ってくるのはおかしい。

?お金の使い方
これから五輪だけで残り3600億円の都民の税金を使います。それよりは、少しでも医療体制の充実やワクチンや医療従事者にお金を渡すなどコロナ対策に使うべき、もしくはご協力いただいている全都民に国と連携し10万円に給付すべき。実はいままで協力のお願いばかりしている全都民に対して恩恵がある施策が一つも都にありません!少なくとも1万人の外国人や、ワクチンを打てるかどうかわかない大会ボランティア、国内観戦者によってさらに感染拡大し、その対策にさらに莫大な税金を使う、、、、都民の命を危険にさらしてはいけません。

?五輪利権
これは議会で常々指摘してきましたが、組織委員会の闇がひどすぎる。たとえば五輪を利用して電通が1社独占してスポンサーを獲得していますが、どれだけのマージンや利益を電通が得ているのかも守秘義務を盾に公開されません。組織委員会での理事会は議事録もとっていない、もしくは形式的なものしかありません。またお金に関する詳細情報は常に非公開です。でも赤字が出たら都が補てんするという無茶苦茶な仕組みになっています。誰のための五輪か。

※なお延期については都と詳細を詰め確認すると、会場管理や人員、費用面など現実的ではないと私も思っています。

写真の説明はありません。
宮瀬英治を応援する