総務委員会で 防災初動体制の課題について質疑しました

総務委員会の質疑が終わりました。

大島における初動体制の課題と
それを首都直下地震にどう生かすかについて
質疑と提案を行いました。

とりあわけ救助が必要な72時間以内の対応が重要ですので
重点をそちらにおかせていただきました。

首都直下地震が30年以内に起こる確率は
70%と言われております。首都圏ですと3万人の死者が予想されますので
しっかりと防災に取り組んでまいります。

しかし全体で6時間の会議でした。

疲れましたが
次は12月6日の本会議での一般質問の準備におわれております。

まだまだ新人議員でつたないですが
働き盛りなのでしっかり働きますよ?

宮瀬英治を応援する