2016年夏を駆け抜けたインターン Oさん(20代女性)「私にとって人生のターニングポイント」

私は去年の8〜9月と2ヶ月間インターン生としてお世話になった大学生です。

始めたきっかけは政治家の人ってどんな考え方を持って、実際はどんなお仕事をしているのか具体的に知りたいと思ったからです。
私は政治家というのは厳格で怖い人というイメージがありましたが、宮瀬さんと出会ってからその考え方は180度変わりました。

宮瀬英治さんの良いところは何より政治家っぽくないところです!笑 常に謙虚な姿勢で、いつも笑顔で冗談が上手く気遣いができ、どんな事でもちゃんと向き合い真剣に話を聞いてくれる方でした。

 

また、インターン中は本当に色んな事をさせられました!笑

ポスター貼りのお願いをしに市内を自転車で回ったり、地元のお祭りに参加して焼き鳥を焼いたり、火事現場の家具の撤去作業や地域活性化のプロジェクトに参加したり、お祭りの中で突然街頭演説をさせられたり、また地域の方々の問題一つ一つに対して現場に向かい、直接目で見て、耳を傾けに行くなどを経験しました。

驚いた事は常に交通手段は自転車です! 宮瀬さんと秘書の田倉さんの背中を炎天下の中、追いかけて自転車を漕いだ事は今でもいい思い出です。
このインターンで経験したことの中で共通しているのは常に人と関わっている事。人と正面から向き合ってる事でした。

正直毎日毎日沢山の人に出会い、悩み事や話を聞いていたので大変だなと思う時もありましたが、宮瀬さんはそれを今まで毎日1人こなしているのか、超人だなと思いました。

そして何より尊敬している部分は、人の役に立ちたい。その思いが宮瀬さんにとって一番の原動力になっているところです。

宮瀬さんは見返りを求める事なく、自分が少しでも誰かの役に立ちたいと思っている。それだけなんです。

純粋にこの思いだけで動ける人って中々居ないと思います。尊敬できる大人や、かっこいい大人は沢山居ますが、自分が将来こういう大人になりたい!思う人に出会える事って中々無いとおもいます。私は自分の恋の相談から進路の相談まで沢山話を聞いて頂いて、アドバイスを貰い背中を押してもらいました。たった2ヶ月間でしたが、私にとっては人生のターニングポイントになるくらいの貴重な体験でした!

だから沢山支えて貰い、お世話になった分宮瀬さんが困った時には少しでも何か力になりたいし、常に味方でありたいと思っています。私は心から応援しています!頑張ってください!