子供がイジメに遭って困っていたお父さん Iさん(40代男性)「正直な宮瀬さんは必要な人材」

私は4人の子供を育てている父親です。

宮瀬さんに相談をするきっかけは小学校に通う2年生の息子がいじめにあって、登校中に同級生に後ろから突き飛ばされて怪我をして不登校に陥っていることでした。
学校長や担任の先生は自己の保身を第一優先に考え子供の気持ちを全く考えずに隠蔽に走り、学校いじめ防止基本方針とは真逆な対応で悩みながら通勤をしていました。

早朝に蓮根駅で宮瀬さんを見かけていつもの光景と思い三田線で仕事に向かい、帰りは遅く蓮根駅で降りて家に帰る時でした。
あれ、早朝にもいた議員の人だ?

いつもならば、議員のちらしなどは貰わず帰るところですが、その時は違いました。
こんな議員の人もいるんだ。何かの運命を感じながらそのチラシを貰い帰宅しました。

そのチラシに真にお困りの時はどなたでもお気軽にご連絡くださいと書いてあり連絡先があり、半信半疑でメールを出してみたら、すぐにお電話を頂き親身に聞いて頂き、また忙しいにもかかわらず、対応をして頂いたかいもあり、現在は少しではありますが登校が出来るようになりました。

ありがとうございます。都民に寄り添ってくださる先生は宮瀬さんだけだと思います。
政界にはこんなに正直な宮瀬さんは必要な人材です。
ありがとうございました。